電波と誤爆と

元flash職人がflash道に復帰しようと頑張るサイト。大絶賛改装中。
Flash、BB戦士など過去の製作物見に来た方はこちら

--/--(--) スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 (--) --:-- Edit

08/30(火) ちょこっと文字処理講座  [flash・動画]―[有用メモ]

flash作ってる人がどれだけこのページ見るか不明ですが、
たまにはちょっとしたflash講座でもやる。



------文字処理編------

一般的に、テキストを目立たせたり加工する場合にまず考えられるのが
インクボトルツールで文字のまわりに枠をつける事なのですが、Flash MXには
少しだけ不便な点があります。

インクボトルツールで枠を付ける場合には、まず入力したテキストを
分解してテキストから塗りに変換し、そこに枠を付けていく訳ですが
Flash MXの場合、インクボトルツールを使うと
「塗りの境界を中心として○pxの太さの枠が、塗りの上に描かれる」
ようになっています。

すなわち、○pxの半分のピクセルの分だけ、分解したテキストの上に乗ってしまうのです。
これは○(線の太さ)が大きければ大きいほど
気の利かない処理、ということになります。

d0508311.jpg

上の画像はテキストを描いたのみ。(分解前)

d0508312.jpg

分解後に1pxの枠を描くと、上のようになる訳です。
このまま使っているという方も多いでしょうが、ちょっとした加工で
見栄えのよいテキストを作ることが出来ます。

d0508313.jpg

まず、テキストを分解した後に一度テキストをグループ化しておき、
これを右クリックしてコピーしておきます。

コピー後にもう一度分解し、枠を付けます。ポイントはここから後。

分解した文字に枠を付けたら、コピーしておいた「グループ化したテキスト」を、
右クリックから「同じ位置にペースト」します。
これによって、グループは塗りや枠よりも上に表示されるので、
先ほど言及した「分解した文字の上に書かれる半分のピクセルの分の枠」が、グループの下に隠れてくれるので、綺麗な枠処理が可能になります。


d0508315.jpg

左上がその処理を行ったもの、右上がその処理を行った上で枠線の太さを3pxに拡張したもの。
右下が上の処理を行わないまま3pxとしたものです。
これだけでもだいぶ「見栄えのする文字」を作ることが可能です。


2重枠を付けたい、という場合にもこの方法はとても有効です。


上の画像の右上の文字に2重枠を付ける場合、枠と文字を一気に選択して、
「修正→シェイプ→線を塗りに変換」(Flash MXの場合)を行います。
これによって、黄色い枠の外にさらに枠を付けられるようになりました。


あとは上記の事とほとんど同じ事を繰り返せばよい訳です。

d0508317.jpg

まず上で分解した枠と文字を選択してグループ化し、コピーをしておきます。
そして分解、枠を付けて右クリックで「同じ位置にペースト」。


d0508318.jpg

左上が同じ位置にペースト前、右上が後。
右下は右上のものの枠を2.5pxに拡張した上、黒い文字を白くしたものとなっています。

以上のようにFlash MXだけでも十分見栄えのする文字を作ることが
可能、ということです。

2005年08月30日 (火) 21:43 Edit

 | HOME | 

果てしなくリンクフリー(swfを除く)。無断転載は自己責任で。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。